スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟?

レブ居住区、某国立大学教授のお言葉です


人類の歴史を1年間に置き換えるとします。
”飽食の時代”が始まったのは、大晦日の23時56分51秒頃にすぎません。
つまり、私達の遺伝子はまだ、飽食になじんていません。

私達の祖先は飢えに備え、「節約遺伝子」を獲得しました。
ところが飽食になり、この遺伝子が(逆効果に)働き肥満、病気等が増えています。




嗚呼・・・こんな事をサラリと言えるようになりたいものです

「肉や魚は食べません」と言うと決まって
「タンパク質はどうやって?」
とか
「そんなことしていたら体に悪い」
とか
言われます。
それも、大体 親世代の方々から。

心配して仰ってくださっているのでしょうが
「ではお伺いしますが、あなた方の幼少期は肉や魚をそんなに食べられましたか?」
「医療は日々発展を遂げているにも関わらず、何故病気は減らないのでしょうか?」
などと悪態つきたいところを、グッと抑え(笑)
なんて幼稚なワタシ


1!環境破壊問題 2!健康問題  3!動物愛護問題
以上の観点から私は食べないのだという説明も面倒で
(大体説明しても、納得してもらえないし)

にっこり笑顔で「体に良くないから食べないだけです」
とだけ答えています


某有名私立大学の教授もこの様なことを仰っているそうです

人間は本能の壊れた動物である

人間以外の動物は、それぞれ持って生まれた本能に従って、
大自然の生のサイクルの秩序を乱すことなく、それぞれの生を生きています。
しかし、人間は本能が壊れている為に、生きて行く為の行動パターン
基準をそれぞれの生活、生存環境の中で作っていかなければならない。



確かに・・・
「本能に身を任す」行き方など、とっくに失ってしまった人類

カノジョ達↓の様に生きれたら・・・と考えるも

120217_1359+01_convert_20120217140403.jpg
           寒い日は丸くなって寝るに限るのね♪

カノジョ達も、もはや野性ではなく、人間が居ないと生きてゆけない動物だと知る
shock

結局
壊れた動物(人間)に明るい未来など何もないのだろうな~
ワタシこれからちゃんと生きてゆけるのかな・・・?




なんかネガティブなブログでスミマセン^^;

スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レブ母

Author:レブ母
*豆キャバシスターズ*
★レブ(トライ)10歳
 しっかり者姉さん♪
★ルル(ブレン)推定4歳
 天然キャラ♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。